ビットの海

ゆるふわアラサーエンジニアしゃぜのブログ

2016年読んだ10の漫画について書く

去年読んだマンガを振り返ってみる。

会社辞める時にもらったものが多い(電子書籍のマンガ売ってる職場だったのでね)。感謝感謝。

読んだけど、刺さらなかったものは触れてない。

岡崎に捧ぐ 1 (コミックス単行本)

岡崎に捧ぐ 1 (コミックス単行本)

会社辞める時にもらったもの。作者の人は世代的に近いのかな?と思った。調べてみたら、1985年ということで、1つ下なので、まさにジャスト。アラサーの人間にとっては懐かしく読めると思う。

懐かしい度:★★★

ブラッドハーレーの馬車 (Fx COMICS)

ブラッドハーレーの馬車 (Fx COMICS)

会社辞めるときにもらったもの。昔、アフタヌーン読んでたので、沙村広明に先入観があったのだけれど、やっぱり、暗く落ち込みたい時のマンガだった。社会人は日曜日に読まないほうがいい系。

落ちたいときに有用度:★★★

会社辞めるときにもらったもの。SFにカテゴライズされるんだろうけど、舞台設定がSFっぽいだけど、個人的にはぜんぜんSFじゃないと思う。人類がほどほどに戦える程度の侵略者がいる状態の、青春っぽい日常劇。文学っぽさある。異常世界での、日常劇ってのは、結構テーマとして多いので、そういうのが好きな人は好きだと思う。

破壊される世界を妄想しつつの日常度:★★★

魔女 第1集 (IKKI COMICS)

魔女 第1集 (IKKI COMICS)

会社辞めるときにもらったもの。やっぱり、五十嵐大介のマンガは難しい。馴染みのない田舎で、妙な郷土料理を食べた感じに似ている。

味わい方がわからない度:★★★

働かないふたり 9 (BUNCH COMICS)

働かないふたり 9 (BUNCH COMICS)

サザエさん症候群になったら読むべし。

日曜の夜に読みたい度:★★★

軍靴のバルツァー 9 (BUNCH COMICS)

軍靴のバルツァー 9 (BUNCH COMICS)

作者の人は、現実世界の技術革新をうまくフィクションに取り入れていて、まじすごい。

実際の歴史を調べたくなる度:★★★

キングダム実はあんまり好きじゃないんですが、あれよりリアリティが多少ある。あとキングダム好きって人にも勧めやすい。

鎌倉萌度:★★★

長く連載してしまって、伏線の風呂敷を広げてしまったマンガって、終わり方が難しいんだけど、これは最後のほうですごいがんばったと思う。いくつか気になるけど、それでも回収できたほうじゃないかなー。

伏線回収がんばりました度:★★★

中途半端な状態で終わらなくて本当にうれしい。今年一番うれしかったかも。

続いてくれてうれしい度:★★★

リアリティのあるマンガって、リアルに近づくと粗がかえって気になるんだけど(例えばマージナルなんとかとか)、しきい値超えるとエンターテイメントとして楽しめる。これは後者。

スナイパー中二度:★★★

10紹介するだけで大変だ。( ´ー`)フゥー...